gingadan.com

W49B (Supernova Remnant)


Home > Black Hole > W49B
Down
Movie

W49B
Supernova Remnant (超新星残骸)
SNR

星座 (Constellation)

わし座 (Aql) (Aquila)


距離 (Distance)
26,000光年 (26,000 light-years)

W 49Bとは、地球から見てわし座の方向に約2万6,000光年離れた位置にある超新星残骸。

概要
W 49Bは、その形状からガンマ線バーストの残骸ではないかと考えられている。
W 49Bは樽のような形をしており、樽の軸に沿って直径約25光年の4つのリング構造がある。
このリング構造はX線によって発見され、鉄やニッケルを含んでいる。これらの構造は、ガンマ線バーストの特徴である、大質量の恒星が爆発し、2つの反対方向に飛び出すガンマ線のジェットの構造に似ている。
W 49Bの外側にある鉄やニッケルは、超新星元素合成によって生成されたものではなく、中心部で形成された鉄やニッケルがジェットに乗って飛び出したものと考えられている。
リングそのものは、爆発の数十万年前に元の恒星の高速の自転によって飛び出したと考えられている。
高速の自転は、ガンマ線バーストの形成モデルと矛盾しない。

仮にW 49Bがガンマ線バーストであった場合は、銀河系で発見された始めてのガンマ線バーストであり、かつ地球に最も近いガンマ線バーストとなる。ガンマ線バーストの多くは数十億光年先で発見され、一番近いGRB 980425でも1億2,000万光年であるのに比べれば、W 49Bは極端に近い。
W 49Bのジェットの方向は地球から見て約20度ずれており、地球への直撃は無かったと考えられるが、太陽の10兆倍もの明るさで輝く天体は、地球から見ても非常に明るく見えたと考えられている。

また、W 49Bの周りには、比較的密度の高い分子雲がある。これは爆発による衝撃波で薄い分子雲が濃密に集まったと考えられている。ガンマ線バーストの原因は大質量星の超新星爆発によるものと考えられているが、それならば、ガンマ線バーストの発生場所は、大質量星が生まれるような分子密度が高い領域の中にあるはずである。しかし、観測される多くのガンマ線バーストは、分子密度が低いことを示しており、矛盾が発生していた。
W 49Bの観測により、このような低密度領域は、自身の爆発によって周りの物質を押しのけたために、周りの分子密度が低くなった結果ではないかと言う説が提唱された。

W49B is a supernova remnant located 26,000 light years from the Earth in the constellation Aquila.

W49B (Supernova Remnant) : Picture

Supernova Remnant W49B
Supernova Remnant W49B
(C) NASA
The highly distorted supernova remnant shown in this image may contain the most recent black hole formed in the Milky Way galaxy. The image combines X-rays from NASA's Chandra X-ray Observatory in blue and green, radio data from the NSF's Very Large Array in pink, and infrared data from Caltech's Palomar Observatory in yellow.

The remnant, called W49B, is about a thousand years old, as seen from Earth, and is at a distance about 26,000 light years away.

The supernova explosions that destroy massive stars are generally symmetrical, with the stellar material blasting away more or less evenly in all directions. However, in the W49B supernova, material near the poles of the doomed rotating star was ejected at a much higher speed than material emanating from its equator. Jets shooting away from the star's poles mainly shaped the supernova explosion and its aftermath.

By tracing the distribution and amounts of different elements in the stellar debris field, researchers were able to compare the Chandra data to theoretical models of how a star explodes. For example, they found iron in only half of the remnant while other elements such as sulfur and silicon were spread throughout. This matches predictions for an asymmetric explosion. Also, W49B is much more barrel-shaped than most other remnants in X-rays and several other wavelengths, pointing to an unusual demise for this star.

The authors also examined what sort of compact object the supernova explosion left behind. Most of the time, massive stars that collapse into supernovas leave a dense spinning core called a neutron star. Astronomers can often detect these neutron stars through their X-ray or radio pulses, although sometimes an X-ray source is seen without pulsations. A careful search of the Chandra data revealed no evidence for a neutron star, implying an even more exotic object might have formed in the explosion, that is, a black hole.

This may be the youngest black hole formed in the Milky Way galaxy, with an age of only about a thousand years, as viewed from Earth (i.e., not including the light travel time). A well-known example of a supernova remnant in our galaxy that likely contains a black hole is SS433. This remnant is thought to have an age between 17,000 and 21,000 years, as seen from Earth, making it much older than W49B.

Supernova Remnant W49B
Supernova Remnant W49B
(C) NASA
Up
Up

W49B (Supernova Remnant) : Movie

W49B in 60 Seconds
The supernova remnant known as W49B is, let's say, a bit unorthodox looking.
Many supernova remnants appear rather spherical in shape.
Up
Home > Black Hole > W49B
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
W 49B. (2013, May 20). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ