gingadan.com

Tethys (テティス)


Home > Solar System > Tethys
Down
Movie

テティス(Tethys、別名Saturn III)は、土星の衛星の一つで5番目に大きい。
1684年、ジョヴァンニ・カッシーニによって発見された。

概要
名前はギリシャ神話の巨神族(ティタン)の1人テテュスに因むが、天体としてのTethysにはテテュスではなくテティスという片仮名を当てるのが一般的である。また、ギリシア神話には、この天体の由来となったテテュス(Tethys)とは別にテティス(Thetis)というニンフが登場する。片仮名にすると表記が同じなので紛らわしいが、こちらは衛星と関係がないので注意が必要である。


テティスの密度は低く、ディオネやレアと同じように、珪石等の岩石を含む氷が主成分である。最近の研究でテティスが異常に白く、光の反射率が高いのは同じ土星の衛星エンケラドゥスから吹き上げられた氷がその表面に漂着したせいではないかとする説がでてきている。
オデュッセウスという巨大なクレーターが存在しその大きさは衛星直径の40%に及ぶ。
また、イサカ・カズマ(幅100km、深さ3-5km、長さ2000km)と呼ばれる巨大な峡谷もあり、これもテティスの円周の75%の大きさがある。 テティスが誕生した頃、テティスはまだ完全には固まっておらず液状であった。
オデュッセウスもそのころできたと考えられ、そのためこのクレーターは月や水星と比べて平坦である。
また、冷えて固まった時巨大な渓谷、イサカ・カズマができたと考えられる。

トロヤ衛星
なお、テティスのラグランジュ点には、トロヤ衛星のテレスト(L4)とカリプソ(L5)が存在する。

Tethys (テティス) : Picture

Tethys Tethys Tethys
Tethys
(C) NASA
Tethys
(C) NASA
Tethys
(C) NASA
Tethys Tethys Tethys
Tethys
(C) NASA
Tethys
(C) NASA
Tethys
(C) NASA

Tethys Tethys
Tethys
(C) NASA
土星の環の付近を通過中のテティス
土星の環の付近を通過中のテティス
(C) NASA
Tethys
(C) NASA

イサカ・カズマと呼ばれる巨大な峡谷 テティスの地表 テティスの地表
イサカ・カズマと呼ばれる巨大な峡谷
(C) NASA
テティスの地表
(C) NASA
テティスの地表
(C) NASA
Tethys 土星の前を通過中のテティス 環の付近を通過中のテティス
Tethys (CG)
(C) NASA
土星の前を通過中のテティス
(C) NASA
環の付近を通過中のテティス
(C) NASA

Tethys and Saturn
Tethys and Saturn
(C) NASA
Up
Up

Tethys (テティス) : Movie

Cassini Scientist for a Day -- Fall 2008 -- Target 1: Tethys
Up
Home > Solar System > Tethys
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。

テティス (衛星). (2011, May 24). In Wikipedia.

gingadan.com ブログパーツ