gingadan.com

Quaoar (クワオアー)


Home > Solar System > Quaoar
Down
Movie

クワオアー(50000 Quaoar、別名・クワオワ)は、将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の一つ。エッジワース・カイパーベルトに位置し、太陽の周りをほぼ円軌道で公転している。

概要
2002年6月4日、カリフォルニア工科大学の天文学者チャドウィック・トルヒージョとマイケル・ブラウンによって、カリフォルニア州パサデナのパロマー天文台にあるサミュエル・オシン望遠鏡で撮影された画像から発見された。この発見は2002年10月7日のアメリカ天文学会年会で発表された。その後の調査で、最も古い画像としてはパロマー天文台で1954年5月25日に撮影された写真乾板にこの天体が写っていたことが判明した。
クワオアーは発見当時直径約1,200kmと推定され、冥王星以降に発見された最大の天体であり、またそれまでに知られていた小惑星の中で最大のものだった(後にセドナやエリスにその座を明け渡した)。クワオアーの直径は地球の約十分の一、月の三分の一程度の大きさを持っている。太陽からおよそ60億kmの距離にあり、約290年周期で公転している。

2004年にクワオアーの表面に水の結晶の存在が確認され、研究者を驚かせた。これは最近1000万年以内に表面温度が-160℃ (110K) 以上に上昇したことを示している。どのような原因で-220℃ (55K) というクワオアーの元々の温度が上昇したのかについていくつかの推測が行なわれている。小天体の衝突によって温度が上がったという説を唱える研究者もいるが、最も議論された説ではクワオアーの中心核に含まれる放射性元素の崩壊熱によって氷火山現象が起きているのではないかと推定している。

衛星
ハッブル宇宙望遠鏡で2006年2月14日に撮影された画像から、M. E. BrownとT.-A. Suerの分析により衛星が発見されたことが、2007年2月22日付の国際天文学連合回報 (IAUC) 8812号で報告された。
この衛星にはS/2006 (50000) 1という仮符号が付けられた後、2009年にウェイウォット ((50000) Quaoar I Weywot)と名付けられた。この名はトングヴァ族の神話でクワオアーによって創られた神の一柱に由来する。

Quaoar (クワオアー) : Picture

Quaoar Quaoar
Quaoar (CG)
(C) NASA
Quaoar (CG)
(C) NASA

Quaoar Quaoar
Quaoar
(C) NASA
Quaoar
(C) NASA

Quaoar
Quaoar (CG)
(C) NASA
Up
Up

Quaoar (クワオアー) : Movie

Up
Home > Solar System > Quaoar
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
クワオアー. (2011, October 15). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ