gingadan.com

Pluto (冥王星)


Home > Solar System > Pluto
Down
Movie

冥王星(めいおうせい、134340 Pluto)は、太陽系外縁天体内のサブグループ(冥王星型天体)の代表例とされる、準惑星に区分される天体。2006年までは太陽系第9惑星とされていた。

概要
1916年、パーシヴァル・ローウェルによってその存在が予想され、1930年にクライド・トンボーによって発見された。軌道は離心率が比較的大きい楕円形であり、黄道面から大きく傾いている。
直径は2,320kmであり、太陽系内の衛星のうち、地球の月を含むいくつかよりも小さい。
冥王星の最大の衛星カロンは直径が冥王星の半分以上あり、二重天体とみなされることもある。
冥王星は海王星軌道の外側で太陽を公転する天体としては最初に発見されたものである。
1930年に発見されて以来、長い間太陽系の9番目の惑星であり、外惑星の一つであるとされてきたが、1992年に冥王星以外の外縁天体が初めて発見されて以降、冥王星と似た大きさの外縁天体が続々と発見され始めた。
その中でも2003年に撮影された写真の中から2005年に見出された(正式には2003年発見となっている)2003 UB313は冥王星よりわずかに大きかった。このような太陽系研究の進展により、太陽系の研究者の間などでは、冥王星を惑星とみなすことへの疑問の声が広まっていた。

発見から76年後の2006年8月に開かれた国際天文学連合(IAU)総会で、それまで明確でなかった惑星の定義を定めるとともに、「dwarf planet」(準惑星)という分類を新設することが採択された。
この結果、冥王星はケレス、2003 UB313(分類と同時にエリスと命名)などとともに準惑星に分類された。
また、冥王星を外縁天体の「新しい下位分類のプロトタイプ」とすることも決定され、2008年6月にその分類の名称を「plutoid」とすることが確定した(日本学術会議では2007年4月9日の対外報告において「冥王星型天体」という日本語名称を推奨していた)。再分類された後、冥王星は小惑星の一覧に記載され、小惑星番号134340番が与えられた。

物理的特徴
冥王星についての詳細はまだ不明の点が多い。これは主に、冥王星には未だに探査機などが接近観測を行ったことがなく、また冥王星が遠すぎるために地球から詳細に観測することも難しいことによる。

衛星
冥王星には4つの衛星が発見されている。 1978年には最初の衛星カロンが天文学者ジェームズ・クリスティーによって発見された。2005年には、より小さい2つの衛星ニクスとヒドラが、2011年には、さらに小さな衛星 S/2011 P 1(又は S/2011 (134340) 1)が発見された。この中でもカロンは冥王星の1/7の質量を持つ巨大な衛星で、冥王星-カロン系はしばしば二重天体と表現される。

Pluto (冥王星) : Picture

Pluto Pluto and Charon
Pluto
(C) NASA
Pluto and Charon
(C) NASA

Pluto Pluto
Pluto
(C) NASA
Pluto
(C) NASA

Pluto Pluto and Charon
Pluto
(C) NASA
Pluto and Charon
(C) NASA

Pluto and Charon Pluto and Charon
Pluto and Charon
(C) NASA
Pluto and Charon
(C) NASA

Pluto and Charon Pluto and Charon
Pluto and Charon
(C) NASA
Pluto and Charon
(C) NASA

Pluto Pluto and Charon
Pluto
(C) NASA
Pluto and Charon
Pluto and Charon
(C) NASA
Pluto and Charon
(C) NASA

Pluto and Charon
Pluto and Charon (CG)
(C) NASA
Pluto and Charon Pluto and Charon
Pluto and Charon (CG)
(C) NASA
Pluto and Charon (CG)
(C) NASA
Pluto and Charon Pluto and Charon
Pluto and Charon (CG)
(C) NASA
Pluto and Charon (CG)
(C) NASA
Pluto and Charon Pluto
Pluto and Charon (CG)
(C) NASA
Pluto (CG)
(C) NASA
Up
Up

Pluto (冥王星) : Movie

ScienceCasts: Visit To Pluto Launchpad: New Horizons Heads Toward Pluto

冥王星の探査
冥王星は質量が小さく地球からの距離が非常に遠いため、探査機を送るのは非常に難しい。ボイジャー1号は冥王星を訪れることもできたが、制御チームは代わりに土星の衛星タイタンへの接近飛行を選んだため、冥王星への接近飛行はできない軌道になった。ボイジャー2号は元々冥王星に接近するような軌道ではなかった。その後NASAはプルート・カイパー・エクスプレス (Pluto Kuiper Express) ミッションを計画していたが、経費の増大や打ち上げロケットの開発の遅れなどのため、2000年に中止された。

初めて冥王星を訪れる探査機は、2006年1月19日に打ち上げられたNASAのニュー・ホライズンズである。探査機は木星の重力によりスイングバイを行い、2015年7月14日に冥王星に最接近する。冥王星の観測は最接近の5ヶ月前から始まり、冥王星とすれ違い通り過ぎてからも少なくとも1ヵ月間は続く予定である。

ニュー・ホライズンズは、冥王星とその衛星カロンの全体的な地質と地形の特徴を明らかにし、表面の組成の地図を作成し、冥王星の薄い大気とそれが流出する割合を明らかにするための、画像撮影装置と無線科学調査ツール、さらに分光器とその他の実験装置を含んだ遠隔操作パッケージを使用する予定である。ニュー・ホライズンズは冥王星とカロンの表面の写真撮影も行う。

ニクスとヒドラという2つの衛星が発見されたことにより、探査機にとっては予定外の難題が生まれるかもしれない。ニクスとヒドラの脱出速度が比較的小さいため、外縁天体との衝突で薄い塵の環が生じている可能性がある。もしニュー・ホライズンズが飛行中にこのような環の中を通過すれば、探査機に損傷を与えたり機能停止させるような微小隕石によるダメージを受ける可能性が高まる。

New Horizons New Horizons
New Horizons 2006/1/19
(C) NASA
New Horizons
(C) NASA
New Horizons New Horizons
New Horizons (CG)
(C) NASA
New Horizons
(C) NASA
New Horizons New Horizons
New Horizons
(C) NASA
New Horizons
(C) NASA
Up
Home > Solar System > Pluto
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
冥王星. (2011, December 8). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ