gingadan.com

Phobos (フォボス)


Home > Solar System > Phobos
Down
Movie

フォボス (Mars I Phobos) は、火星の衛星。もう一つの火星の衛星であるダイモスより大きく、より内側の軌道を回っている。1877年8月18日にアサフ・ホールによって発見された。ギリシア神話の神ポボスにちなんで命名された。

特徴
フォボスは太陽系の惑星の衛星の中で最も主星に近く、火星の表面から6,000km以内の軌道を回っている。
フォボスの軌道は火星の静止軌道より内側にあるため、公転速度は火星の自転速度よりも速い。従って、1日に2回西から上り速いスピードで空を横切り東へ沈む。表面に近いため、火星のどこからでも見えるわけではない。また、火星の自転より早く公転しているので、フォボスは火星の潮汐力のために徐々に火星に引きつけられ(1.8m/世紀)、いずれロシュ限界に達し壊れる運命にある。
5000万年以内に火星の表面に激突するか、破壊され火星の環となると考えられている。
フォボスは、ダイモスと共に火星の重力に捕捉された小惑星だと考えられている。実際、両者はC型小惑星同様に炭素化合物に富んでいるが、密度が非常に小さいことから、氷と岩石の混合物だと考えられている。

近接探査
1988年に打ち上げられたソ連の探査機フォボス2号は、翌年火星の周回軌道に入り、フォボスへの接近中に故障したが、その直前にフォボスからごくわずかな気体が安定して噴出していることを発見した。この気体は水蒸気だと考えられている。
2011年に打ち上げられたロシアの探査機フォボス・グルントは、フォボスからのサンプルリターンを計画していたが地球周回軌道からの離脱に失敗し、大気圏へ突入した。

地形
フォボスには一つの峰 (Ridges) と十数個のクレーターが確認されている。
峰はヨハネス・ケプラーに因んでケプラー・ドルスムと名付けられた。
クレーターは天文学者、および『ガリヴァー旅行記』の登場人物に因んで名付けられた。
フォボス最大のクレーターは直径が10kmあり、ホールの妻アンジェリンの旧姓にちなみスティックニー・クレーターと命名されている。スティックニーを中心としてフォボスには放射状の溝が見られるが、これはスティックニーを作った天体が衝突した際の衝撃でできたと考えられている。

Phobos (フォボス) : Picture

Phobos Phobos
Phobos
大きさ (26×22×18km)
(C) NASA
Phobos
(C) NASA

スティックニー・クレーター スティックニー・クレーター
スティックニー・クレーター
クレーターの直径10km
(C) NASA
スティックニー・クレーター
(C) NASA

スティックニー・クレーター 火星とフォボス
スティックニー・クレーター
(C) NASA
火星とフォボス
(C) NASA

フォボスの表面 フォボスの地表 フォボスの地表
フォボスの表面
(C) NASA
フォボスの地表
(C) NASA
フォボスの地表
(C) NASA
火星の表面に写るフォボスの影 火星の表面に写るフォボスの影
火星の表面に写るフォボスの影
(C) NASA
火星の表面に写るフォボスの影
(C) NASA

火星の表面に写るフォボスの影
火星の表面に写るフォボスの影
(C) NASA

フォボスの太陽光の当り方
フォボスの太陽光の当り方
(C) NASA

小惑星ガスプラと衛星ダイモスと衛星フォボスの大きさ比較画像
上が小惑星ガスプラ (18×11×9km)
左が火星の衛星ダイモス (16×12×10km)
右が火星の衛星フォボス (26×22×18km)
(C) NASA
Up
Up

Phobos (フォボス) : Movie

Phobos 360
Video Credit: Mars Express, ESA
What does the Martian moon Phobos look like? To better visualize this unusual object, images from ESA's Mars Express orbiter have been combined into a virtual rotation movie. The rotation is actually a digital illusion -- tidally-locked Phobos always keeps the same face toward its home planet, as does Earth's moon. The above video highlights Phobos' chunky shape and an unusually dark surface covered with craters and grooves. What lies beneath the surface is a topic of research since the moon is not dense enough to be filled with solid rock. Phobos is losing about of centimeter of altitude a year and is expected to break up and crash onto Mars within the next 50 million years. To better understand this unusual world, Mars Express is on course to make the closest flyby ever on Sunday.
Up
Home > Solar System > Phobos
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
フォボス (衛星). (2012, February 7). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ