gingadan.com

NGC 6397 (Globular Cluster)


Home > Caldwell > NGC6397
Down
Movie

NGC 6397
Globular Cluster (球状星団)
Gb IX


別名 (Other names)
GCL 74, ESO 181-SC4, Caldwell 86

明るさ (Brightness)
5.3等級

星座 (Constellation)
さいだん座 (Ara) (Ara)

距離 (Distance)
7,500光年 (7,500 light-years)

NGC 6397またはカルドウェル86は、さいだん座の方角にある球状星団。
地球からの距離は7,500光年で、M4と並んで地球に最も近い球状星団の1つ。
星団は、約40万個の恒星を含み、良い観測条件の下では裸眼でも見ることができる。

NGC 6397は、銀河系に少なくとも20個存在する、核崩壊の過程にある球状星団の1つであり、核が非常に密度の高い恒星の塊に凝集していることを意味する。

研究
銀河系の年齢の推定
2004年、天文学者のLuca Pasquini、Piercarlo Bonifacio、Sofia Randich、Daniele Galli、Raffaele G. Grattonらは、この星団を用いて銀河系の年齢を推定した。彼らは、超大型望遠鏡VLTの紫外-可視光の回折格子を用い、星団の中の2つの恒星のベリリウムの含量を測定した。これにより、銀河系全体で最初の恒星が生まれた時と星団で最初の恒星が生まれた時の間の経過時間を推定することができたこれに、星団の推定年齢を加えることで、銀河系の年齢は、宇宙の年齢とほぼ同じ約136億歳であるという推計が得られた。

恒星の質量の下限
2006年、星団中の暗い恒星の絶対光度の下限を示した、ハッブル宇宙望遠鏡を用いたNGC 6397の研究論文が公表された。この論文の著者は、この結果により、核融合を行う恒星に必要な質量の下限は約0.083太陽質量であることが示されたとしている。

NGC 6397 is a globular cluster located 7,500 light years from the Earth in the constellation Ara.

NGC 6397 (Globular Cluster) : Picture

NGC 6397
NGC 6397
(C) NASA/ESA
One of these stars is blinking. This star, a member of globular cluster NGC 6397, is noteworthy not just because it blinks, but because it blinks so fast and because its companion star is so atypical. Speculation holds that this might be a neutron star spun up to a rate of 274 rotations each second by the bloated red star it orbits. Matter gravitationally pulled from the bloated star likely orbits the millisecond pulsar, making it spin faster when it crashes onto the surface. The odd system might have resulted when the neutron star captured a normal star after a near collision near the globular cluster's dense center. Other collisions near the center of NGC 6397 are thought to have produced other oddities -- blue straggler stars. The Hubble Space Telescope took the above image of the colorful globular cluster.

NGC 6397
NGC 6397
(C) NASA/ESA
Up
Up

NGC 6397 (Globular Cluster) : Movie

Up
Home > Caldwell > NGC6397
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
NGC 6397. (2013, June 4). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ