gingadan.com

NGC 4826 (Black Eye Galaxy, M64)


Home > Messier > Black Eye Galaxy
Down
Movie

NGC 4826 (Black Eye Galaxy, M64)

黒眼銀河(こくがんぎんが、くろめぎんが、M64、NGC4826)はかみのけ座にある銀河。 1779年3月にイギリスのエドワード・ピゴットによって、また同年4月にはドイツのヨハン・エラート・ボーデによってそれぞれ独立に発見された。 翌1780年にはシャルル・メシエも発見している。

渦巻銀河の中心核の手前にはっきりとしたダークレーンを持っているのが特徴。 この暗黒帯は銀河の星間塵によって光が吸収されるために黒く見えている。 この暗い帯が黒目のように見えることからこの名前が付けられている。

一見すると暗黒帯が濃いという特徴以外にはごく普通の渦巻銀河に見える。 他の大多数の渦巻銀河と同様に渦巻が巻き込まれる方向(地球から見て時計回りの方向)に回転している。


しかし最近の詳細な観測から外縁部分にある星間ガスは内側とは逆方向に回転していることが明らかになっており、これは過去に2つの銀河が衝突合体した名残ではないかと考えられている。
研究者の推定では、約10億年以上前に伴銀河と合体し、この逆回転するガスを残したと見られている。
この逆回転するガスとのずり運動によって星間ガスが圧縮され、この銀河では新しい星が活発に生成されている。
高解像度の画像を見ると、赤い水素ガスの星雲の中で高温の青く若い星が生まれていることが分かる。
これは誕生した青い大質量星からの強い紫外線によって水素ガスが電離され、Hα線を放出しているものである。

過去に衝突した小さな銀河は現在ではほぼ完全に破壊されてしまっている。 この小銀河の星は本体と合体したか、宇宙空間に四散してしまったと考えられる。 しかし外縁部のガスが逆回転しているという観測事実に、過去の衝突の証拠が現在でもはっきりと残されている。

双眼鏡では小さなまるい星雲状に見える。口径8cmの望遠鏡ではぼんやりとした丸い光の集まりが見えてくる。
口径15cmでは楕円形の様子がはっきりしてくる。口径20cmではくっきりとした姿が分かる。
中心部の黒色部分はまれに口径7.5cmの望遠鏡でみたという人もいるが、通常は口径20cm以上で好条件であることを必要とする。はっきりと黒目を見るためには口径30cmを必要とし、黒目の湾曲構造も見えてくる。

NGC 4826 (Black Eye Galaxy, M64) : Picture

M64: The Black Eye Galaxy
M64: The Black Eye Galaxy
(C) Martin Pugh
This beautiful, bright, spiral galaxy is Messier 64, often called the Black Eye Galaxy or the Sleeping Beauty Galaxy for its heavy-lidded appearance in telescopic views. M64 is about 17 million light-years distant in the otherwise well-groomed northern constellation Coma Berenices. In fact, the Red Eye Galaxy might also be an appropriate moniker in this colorful composition of narrow and wideband images. The enormous dust clouds obscuring the near-side of M64's central region are laced with the telltale reddish glow of hydrogen associated with star forming regions. But they are not this galaxy's only peculiar feature. Observations show that M64 is actually composed of two concentric, counter-rotating systems of stars, one in the inner 3,000 light-years and another extending to about 40,000 light-years and rotating in the opposite direction. The dusty eye and bizarre rotation is likely the result of a billion year old merger of two different galaxies.

Black Eye Galaxy (M64)
Black Eye Galaxy (M64)
(C) NASA

M64: The Black Eye Galaxy
M64: The Black Eye Galaxy
(C) Martin Pugh
Up
Up

NGC 4826 (Black Eye Galaxy, M64) : Movie

Up
Home > Messier > Black Eye Galaxy
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。

黒眼銀河. (2011, May 26). In Wikipedia.

gingadan.com ブログパーツ