gingadan.com

Himiko (Three Galaxies)


Home > Cluster > Himiko
Down
Movie

Himiko (Three Galaxies)
Interacting Galaxy (相互作用銀河)

星座 (Constellation)
くじら座 (Cet) (Cetus)

距離 (Distance)
129億光年 (12.9 billion light-years)

ヒミコは、129億光年の彼方に存在する巨大なライマンα天体。

ハワイのすばる望遠鏡で大内正己特別研究員が率いる日米英の国際研究チームによって発見された。
129億年前の光であり、研究者は「今まで宇宙初期時代で発見された物体として最も大規模なものかもしれない」としている。地球に光が到達するまで129億年かかっており、宇宙の始まりから8億年のころの天体です。
また、宇宙初期の時代では最大の天体です。

発見
ヒミコはハワイのすばる望遠鏡で大内正己によって発見された。発見された場所はすばるXMMニュートンディープサーベイフィールドであり、この範囲で他の207個の銀河候補とともに見つけられた。
ヒミコはその中のひとつであったが、あまりに明るすぎて遠方の天体と信じられていなかった。
W・M・ケック天文台やラスカンパナス天文台で分光観測が行われ、ヒミコには水素輝線があることがわかり赤方偏移がz=6.595であることがわかった。これによってヒミコは129億光年の距離にあると確認された。

特徴
データに基づけば、この天体は「早期宇宙で次の大規模な物体に比べ10倍以上の大きさで、太陽質量の400億倍の質量」を持ち、「大きさは5万5千光年でわれわれの銀河の半分くらいの半径」をもつと言われている。

なお、距離については巨大ブラックホールや銀河衝突の影響によって赤方偏移の数値が変わるかもしれない。

ヒミコの発見によって、宇宙の初期に現代の平均的な銀河と同じ程度の大きさの巨大天体が存在したことになった。これは小さな天体が重力によって徐々に集まっていき大きな天体が形作られていくという現代の宇宙論では説明ができない。また、その後も宇宙初期に成長した銀河やブラックホールが発見されている。

この天体は3世紀に存在したとされる邪馬台国の女王卑弥呼にちなんで名づけられた。

東京大学宇宙線研究所の大内正己准教授や国立天文台、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターなどの共同研究により、ヒミコは、一直線に並んだ3つの星団を巨大な水素ガス雲が包み込んでいる構造をしていることが分かった。

Himiko (Three Galaxies) is an interacting galaxy located 12.9 billion light years from the Earth in the constellation Cetus.

Himiko (Three Galaxies) : Picture

Himiko (Three Galaxies)
Himiko (Three Galaxies)
(C) NAOJ (Imaginary Picture)

Himiko (Three Galaxies)
Himiko (Three Galaxies)
(C) NASA/ESA/NAOJ/東京大学(大内正己)

Himiko (Three Galaxies)
Himiko (Three Galaxies)
(C) NASA/JPL-Caltech/STScI/NAOJ/Subaru
Astronomers using the combined power of the Atacama Large Millimeter/submillimeter Array (ALMA) telescope in Chile and NASA’s Hubble and Spitzer space telescopes have discovered a far-flung trio of primitive galaxies nestled inside an enormous blob of primordial gas nearly 13 billion light-years from Earth. It's possible the trio will eventually merge into a single galaxy similar to our own Milky Way.

"This exceedingly rare triple system, seen when the universe was only 800 million years old, provides important insights into the earliest stages of galaxy formation during a period known as 'cosmic dawn,' when the universe was first bathed in starlight,” said Richard Ellis of the California Institute of Technology, Pasadena, a member of the research team.

Researchers first detected this object, which appeared to be a giant bubble of hot, ionized gas, in 2009. Dubbed Himiko (after a legendary queen of ancient Japan), it is nearly 10 times larger than typical galaxies of that era and comparable in size to our own Milky Way. Subsequent infrared observations with NASA's Spitzer Space Telescope provided more clues about the object's mass, suggesting Himiko might represent a single galaxy, which would make it uncharacteristically massive for that period of the early universe.

“The new observations revealed that, rather than a single galaxy, Himiko harbors three distinct, bright sources, whose intense star formation is heating and ionizing this giant cloud of gas,” said Masami Ouchi, an associate professor at the University of Tokyo who led the international team of astronomers from Japan and the United States.

New data from ALMA, Hubble and Spitzer also led astronomers to speculate that Himiko could be made up almost entirely of primordial gas, a mixture of the light elements hydrogen and helium, which were created in the Big Bang event that gave birth to our universe. If correct, this would be a landmark discovery signaling the detection of a primordial galaxy seen during its formation.

Himiko (Three Galaxies) Himiko (Three Galaxies)
Himiko (Three Galaxies)
(C) NAOJ
Himiko (Three Galaxies)
(C) NASA
Up
Up

Himiko (Three Galaxies) : Movie

Up
Home > Cluster > Himiko
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
ヒミコ (天体). (2013, November 27). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ