gingadan.com

Comet Halley (ハレー彗星)


Home > Solar System > Comet Halley
Down
Movie

音声再生 (Voice)
再生 ×1.25 ×1.5
ハレー彗星(ハレーすいせい、1P/Halley、ハリー彗星とも)は、約76年周期で地球に接近する短周期彗星です。公転周期は75.3年。多くの周期彗星の中で最初に知られた彗星であり、古来より多くの文献に記録されています。前回は1986年に回帰し、次回は2061年夏に出現すると考えられています。

組成
ハレー彗星の核は約 8 km×8 km×16 km の大きさで、ジャガイモのような不定形をしています。
核の密度は 0.1~0.25 g/cm3 と推定されています。核の表面は非常に暗い色をしており、アルベドは約0.04と非常に小さい。
探査機ジオットによる調査では、彗星核表面には炭素が多く存在することが明らかになっています。核から放出された物質の組成(体積比)は、水(氷)が80%、一酸化炭素が10%、メタンとアンモニアの混合物が2.5%などとなっており、他に炭化水素や鉄、ナトリウムなどが微量に含まれます。またシアンガスもわずかに含まれています。
ハレー彗星から放出された物質は、5月のみずがめ座η流星群および10月のオリオン座流星群の流星物質となっていると考えられています。

軌道
ハレー彗星は周期約76年の楕円軌道を持ち、遠日点は海王星軌道の外側に達します。
また軌道傾斜角が約162度で、逆行軌道となっています。

エドモンド・ハレーの研究
ハレー彗星は周期彗星であることが初めて明らかになった彗星です。というのは、ハレー彗星ほど大きく明るい彗星で、人間の寿命とほぼ同程度の短さの回転周期を持つ彗星は他にないからです。
この事実を発見したのはイギリスの天文学者エドモンド・ハレーです。
彼は、1682年に出現した彗星の観測的性質が、1531年にドイツのペトルス・アピアヌスが観測した彗星および、1607年にプラハのヨハネス・ケプラーが観測した彗星とほとんど同じだと気づきました。
このことから彼は、これら3つの彗星は実際には同一の天体が76年ごとに回帰したのだと結論づけました。
(実際の出現周期は惑星の摂動によって彗星の軌道が絶えず変化するため、数年の幅で変動します)
ハレーはこの彗星が惑星から受ける摂動を概算し、次は1757年に再び出現すると予言しました。

その後1758年12月25日に、ドイツのアマチュア天文家ヨハン・ゲオルク・パリッチュがこの彗星を発見し、ハレーの予言が証明されました。実際の彗星の近日点通過は1759年3月にずれこんだが、これは木星と土星の摂動によって彗星の回帰が約618日遅れたためで、このことは出現の前に、フランスの3人の数学者、アレクシス・クレロー、ジェローム・ラランド、ニコル=レーヌ・ルポートらが計算していました。ハレー自身はこの回帰を見ることなく1742年に没していたが、ハレーの功績を記念して、この彗星にハレーの名が付けられました。

Comet Halley (ハレー彗星) : Picture

Comet Halley Comet Halley
Comet Halley
(C) NASA
Comet Halley
(C) NASA

Comet Halley Comet Halley
Comet Halley
(C) NASA
Comet Halley
(C) NASA

Comet Halley Comet Halley
Comet Halley
(C) NASA
Comet Halley
(C) NASA

Comet Halley
Comet Halley
(C) NASA

Comet Halley
Comet Halley
(C) NASA
Up
Up

Comet Halley (ハレー彗星) : Movie

ScienceCasts: Meteors from Halley's Comet
Up
Home > Solar System > Comet Halley
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。

ハレー彗星. (2011, August 12). In Wikipedia.

gingadan.com ブログパーツ