gingadan.com

NGC 1952 (Crab Nebula, M1)


Home > Messier > NGC1952
Down
Movie

NGC 1952, M1
Crab Nebula (かに星雲)
Crab Pulsar (かにパルサー)
Supernova Remnant (超新星残骸)
Nb SNR


別名 (Other names)

NGC 1952, Taurua A, Messier 1

明るさ (Brightness)
8.4等級

星座 (Constellation)
おうし座 (Tau) (Taurus)

距離 (Distance)
6,200光年 (6,200 light-years)

音声再生 (Voice)
再生 ×1.25 ×1.5
かに星雲(かにせいうん、Crab Nebula 、M1、NGC1952)はおうし座にある超新星残骸で、地球からの距離は6,200光年。現在も膨張を続けており、中心部には「かにパルサー」と呼ばれるパルサーの存在が確認されている。
超新星(SN 1054)自体は1054年に出現したことが中国や日本の記録に残されている。

彗星を観察していたシャルル・メシエが、彗星と紛らわしい天体としてまとめたメシエカタログの1番目に収録されている。メシエ天体では唯一の超新星残骸である。メシエは1758年9月12日にかに星雲を彗星の追跡中に発見した。メシエは「牝牛の南の角の上にある、星雲状のもので星を含まない。白っぽくローソクの炎のように長く伸びている。1758年の彗星を追跡中に発見した。

1774年ボーデは「星のない小さな星雲状のもの」とした。ジョン・ハーシェルは「星団で分解できそう」とした。
1844年ウィリアム・パーソンズは「もはや分解されない楕円形の星雲。おもに星雲の南端からおどりでた多くのフィラメントが見えた。普通の星団とは異なり不規則であらゆる方向に向かっている。
おそらく強力な力が他のフィラメントを押し出したのであろう。これが星団の形を作ると思われる」とした。
このとき、最初にM1のフィラメント構造が発見された。

その後、ルンドマークが900年ばかり前に爆発したことを示唆し、写真観測から年ごとに膨張しつつあることを明らかにした。現在でもガスは毎秒1100kmの速さで四方に広がっている。また、エドウィン・ハッブルやダンカンは1054年に出現した超新星の残骸であることを確認した。1994年のハッブル宇宙望遠鏡による観測で、フィラメントはプラズマで覆われていることが明らかになった。ウィリアム・パーソンズの言うとおり、このプラズマが外側の濃い星間物質を押してフィラメント構造が発達している。

かにパルサー(Crab Pulsar)は、かに星雲の中心部にある中性子星です。

かにパルサーは、1054年に観測された超新星「SN 1054」で誕生した中性子星です。
1968年に発見され、超新星残骸である、かに星雲との関連性が初めて確認された中性子星です。

かにパルサーは33ミリ秒で自転しているパルサーであり、1秒間に約30回転している。この周期で電波からガンマ線にいたるあらゆる波長の電磁波を放出しており、かに星雲を可視光で明るく照らしている。
膨大なエネルギーを放出しているので、かにパルサーは1日に38ナノ秒ずつ自転が遅くなっている。

非常に強いX線を放出しており、X線天文学において時間のキャリブレーションに使われる。

NGC 1952 (Crab Nebula, M1) is a supernova remnant located 6,200 light years from the Earth in the constellation Taurus.

NGC 1952 (Crab Nebula, M1) : Picture

M1: The Crab Nebula from Hubble
M1: The Crab Nebula from Hubble
(C) NASA, ESA, J. Hester, A. Loll (ASU); Acknowledgement: Davide De Martin (Skyfactory)
This is the mess that is left when a star explodes. The Crab Nebula, the result of a supernova seen in 1054 AD, is filled with mysterious filaments. The filaments are not only tremendously complex, but appear to have less mass than expelled in the original supernova and a higher speed than expected from a free explosion. The above image, taken by the Hubble Space Telescope, is presented in three colors chosen for scientific interest. The Crab Nebula spans about 10 light-years. In the nebula's very center lies a pulsar: a neutron star as massive as the Sun but with only the size of a small town. The Crab Pulsar rotates about 30 times each second.

Crab Nebula Crab Nebula
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula Crab Nebula
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula Crab Nebula
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula Crab Nebula
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula Crab Nebula
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula Crab Nebula
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula
(C) NASA
Crab Nebula Crab Nebula
Crab Nebula
中心部に、かにパルサーが見える。
(C) NASA
Crab Nebula
(C) NASA

Crab Pulsar : Picture

Crab Pulsar Crab Pulsar
Crab Pulsar
(C) NASA
Crab Pulsar
(C) NASA
Crab Pulsar Crab Pulsar
Crab Pulsar
(C) NASA
Crab Pulsar
(C) NASA
Crab Pulsar
Crab Pulsar
(C) NASA
Up
Up

NGC 1952 (Crab Nebula, M1) : Movie

The Crab Nebula

ScienceCasts: Superflares
Something is exploding in the Crab Nebula ten billion times more powerful than a solar flare.
These "superflares" are baffling astronomers who haven't yet figured out the source of the blasts.

NASA | A Flickering X-ray Candle
The Crab Nebula, created by a supernova seen nearly a thousand years ago, is one of the sky's most famous "star wrecks." For decades, most astronomers have regarded it as the steadiest beacon at X-ray energies, but data from orbiting observatories show unexpected variations, showing astronomers their hard X-ray "standard candle" isn't as steady as they once thought. From 1999 to 2008, the Crab brightened and faded by as much as 3.5 percent a year, and since 2008, it has faded by 7 percent. The Gamma-ray Burst Monitor on NASA's Fermi satellite first detected the decline, and Fermi's Large Area Telescope also spotted two gamma-ray flares at even higher energies. Scientists think the X-rays reveal processes deep within the nebula, in a region powered by a rapidly spinning neutron star -- the core of the star that blew up. But figuring out exactly where the Crab's X-rays are changing over the long term will require a new generation of X-ray telescopes.
Up
Home > Messier > NGC1952
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
かに星雲. (2012, October 10). In Wikipedia.
かにパルサー. (2012, November 10). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ