gingadan.com

Ariel (アリエル)


Home > Solar System > Ariel
Down
Movie

アリエル(Ariel)は、1851年にウィリアム・ラッセルによって発見された天王星の第1衛星。
大まかな組成は50%は氷、30%は珪酸塩鉱物、20%は固体メタンから成っている。
天王星の衛星としては最も高いアルベドを持つ。

概要
アリエルの表面は比較的新しく、クレーターと、深さが10km以上で 長さが何百kmにも及ぶつながり合った谷が見られ、途中に見えるいくつかの尾根は氷が噴き出したものだと考えられている。
この地形はチタニアに似ているが、ずっと大きくより広い範囲に広がっている。半分くらい埋まったように見えるクレーターもあり、地表を平らにしようとする何らかの活動があったとされている。
アリエルはかつてはチタニアと4:1の軌道共鳴の関係にあり、離心率が今より大きかったと考えられている。
そのため、この時期に天王星からの強い潮汐力を受けて地殻変動が活発になり、上記の地形が形成された可能性がある。
このように表面が更新された証拠を見せていることは、多くの科学者にとって予想しないことであった。

天王星の全ての衛星は、ウィリアム・シェイクスピアもしくはアレクサンダー・ポープの作品にちなんで名づけられる。アリエルはシェイクスピアの戯曲「テンペスト」に登場する空気の精霊の名にちなんで付けられた。

Ariel (アリエル) : Picture

Ariel Ariel
Ariel
(C) NASA
Ariel
(C) NASA

Uranus and Ariel Ariel Ariel
Uranus and Ariel
(C) NASA
Ariel
(C) NASA
Ariel
(C) NASA

Uranus and Miranda and Ariel Uranus
Uranus and Miranda and Ariel
(C) NASA
Uranus
(C) NASA

Miranda, Ariel, Umbriel, Titania, Oberon
Miranda, Ariel, Umbriel, Titania, Oberon
(C) NASA
Up
Up

Ariel (アリエル) : Movie

Up
Home > Solar System > Ariel
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。

アリエル (衛星). (2011, May 17). In Wikipedia.

gingadan.com ブログパーツ