gingadan.com

NGC 224 (Andromeda Galaxy, M31)


Home > Messier > Andromeda Galaxy
Down
Movie

NGC 224, M31
Andromeda Galaxy (アンドロメダ銀河)
Spiral Galaxy (渦巻銀河)
Gx Sb


別名 (Other names)
PGC 2557, UGC 454, MCG 7-2-16, Messier 31

明るさ (Brightness)
3.5等級

星座 (Constellation)
アンドロメダ座 (And) (Andromeda)

距離 (Distance)
230万光年 (2.3 million light-years)

音声再生 (Voice)
再生 ×1.25 ×1.5
アンドロメダ銀河(Andromeda Galaxy 、M31またはNGC224)は、アンドロメダ座に位置する目視で確認可能な渦巻銀河です。
さんかく座銀河、銀河系(天の川銀河)、大マゼラン銀河、小マゼラン銀河などとともに局部銀河群を構成しています。 銀河系外の天体でありながら、ケフェイド変光星を利用して距離が測定されたことでも知られています。

概要
地球から約230万光年の距離に位置し、およそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で、直径22〜26万光年で、直径8〜10万光年である我々の銀河系(天の川銀河)よりも大きく、局部銀河群で最大の銀河。
かつてはアンドロメダ星雲、アンドロメダ大星雲などとも呼ばれていました。
見かけは一時期銀河系(天の川銀河)と似ていると言われていたが、バルジに2つの巨大ブラックホールが存在し、連星系を成していることが観測より明らかになりました。また、我々の銀河系のバルジと比べてガスや暗黒物質が非常に少ないことが判ってきました。 さらに、我々の銀河系の方のバルジに棒構造が発見されたことにより、ハッブル分類上でも両者は渦巻銀河と棒渦巻銀河に区別されるなど違いがはっきりしてきています。

アンドロメダ銀河は肉眼でも観測することができるため、964年には既にアブド・アル・ラフマン・アル・スーフィーによって"小さな雲"と記述されています。
望遠鏡による観測はドイツの天文学者 シモン・マリウスが1612年12月15日に行ない「角を溶かして輝くロウソクの光」のように見えたと記述したのが初めてとされています。
ウィリアム・ハーシェルは「核は星雲状。星に分かれそうだ」と記しています。
ボンドは1847年 暗黒帯がある詳しいスケッチを残しています。
1864年 ハギンスはスペクトルを観測し、連続スペクトルであることを発見しました。
1885年 ハルトウィッヒは新星、ケフェイド変光星、散開星団、球状星団を発見し、さらに自転速度を測定しました。
初めての写真撮影は1887年10月10日 ロバーツによります。
1888年 ロバーツは3時間にもおよぶ撮影を行い、渦状構造を確認しました。
1899年 シャイナーが初めてスペクトル写真を撮影しました。
初めてM31までの距離を測定したのはアメリカのハッブルであり、1923年 M31の中にあるケフェイド変光星を利用して距離を90万光年と見積もり1929年に発表、その結果M31は銀河系の外にある天体であることが分かりました。
バーデはパロマー山200インチ望遠鏡で、第二次世界大戦によるロサンゼルスの灯火管制の中、星の種族を確認しています。

アンドロメダ銀河の周囲には伴銀河としてM32、M110 (NGC205)が観測できます。
これらの伴銀河はいずれアンドロメダ銀河と衝突し吸収されてしまうと考えられています。

アンドロメダ銀河のスペクトルは青方偏移を持ち、我々の銀河系に対して秒速約300kmで接近しています。
約30億年後にはこの2つの銀河は衝突して合体し、1つの巨大な楕円銀河を形成すると予想されています。
(ただし1990年代後半に確認された宇宙の加速膨張を考慮に入れると、両銀河の衝突時期はこれよりいくらか延びるという予測もあります)。

M31は肉眼で見ることができます。双眼鏡では、長い楕円形のはっきりした光芒に映ります。
大口径の望遠鏡でも意外に見え方は良くならず中心部分の明るいところしか見えません。
条件の良い場所で口径20cmの望遠鏡でやっと渦巻き構造が見え始めます。
NGC 224 (Andromeda Galaxy, M31) is a spiral galaxy located 2.3 million light years from the Earth in the constellation Andromeda.

NGC 224 (Andromeda Galaxy, M31) : Picture

Andromeda Galaxy
The Infrared Visible Andromeda
Image Credit: Subaru Telescope (NAOJ), Hubble Space Telescope
Mayall 4M Telescope (KPNO, NOAO), Digitized Sky Survey, Spitzer Space Telescope
Processing & Copyright: Robert Gendler
This remarkable synthetic color composite image was assembled from archives of visible light and infrared astronomy image data. The field of view spans the Andromeda Galaxy (M31), a massive spiral a mere 2.5 million light-years away. In fact, with over twice the diameter of our own Milky Way, Andromeda is the largest nearby galaxy. Andromeda's population of bright young blue stars lie along its sweeping spiral arms, with the telltale reddish glow of star forming regions traced in space- and ground-based visible light data. But infrared data from the Spitzer Space Telescope, also blended directly into the detailed composite's red and green color channels, highlight the the lumpy dust lanes warmed by the young stars as they wind even closer to the galaxy's core. Otherwise invisible at optical wavelengths, the warm dust takes on orange hues. Two smaller companion galaxies, M110 (below) and M32 (above) are also included in the frame.

Andromeda Galaxy
M31: The Andromeda Galaxy
(C) Jacob Bers (Bersonic)
Andromeda is the nearest major galaxy to our own Milky Way Galaxy. Our Galaxy is thought to look much like Andromeda. Together these two galaxies dominate the Local Group of galaxies. The diffuse light from Andromeda is caused by the hundreds of billions of stars that compose it. The several distinct stars that surround Andromeda's image are actually stars in our Galaxy that are well in front of the background object. Andromeda is frequently referred to as M31 since it is the 31st object on Messier's list of diffuse sky objects. M31 is so distant it takes about two million years for light to reach us from there. Although visible without aid, the above image of M31 was taken with a standard camera through a small telescope. Much about M31 remains unknown, including how it acquired its unusual double-peaked center.

The Andromeda Galaxy
GALEX: The Andromeda Galaxy
(C) GALEX, JPL-Caltech, NASA
A mere 2.5 million light-years away, the Andromeda Galaxy really is just next door as large galaxies go. So close, and spanning some 260,000 light-years, it took 11 different image fields from the Galaxy Evolution Explorer (GALEX) satellite's telescope to produce this gorgeous portrait of the spiral galaxy in ultraviolet light. While its spiral arms stand out in visible light images of Andromeda (also known as M31), the arms look more like rings in the GALEX ultraviolet view, dominated by hot, young, massive stars. As sites of intense star formation, the rings have been interpreted as evidence Andromeda collided with its smaller neighboring elliptical galaxy M32 more than 200 million years ago. The large Andromeda galaxy and our own Milky Way are the dominant members of the local galaxy group.

Andromeda Galaxy
Ultraviolet: Andromeda Galaxy
(C) NASA/Swift/Stefan Immler (GSFC) and Erin Grand (UMCP)
This mosaic of M31 merges 330 individual images taken by the Ultraviolet/Optical Telescope aboard NASA's Swift spacecraft. It is the highest-resolution image of the galaxy ever recorded in the ultraviolet. Also known as the Andromeda Galaxy, M31 is more than 220,000 light-years across and lies 2.5 million light-years away. On a clear, dark night, the galaxy is faintly visible as a misty patch to the naked eye.

The irregular shape of the image results when the more than 300 images were assembled to make the final image.

Andromeda Galaxy Andromeda Galaxy Andromeda Galaxy
Andromeda Galaxy
(C) NASA
Andromeda Galaxy
(C) NASA
Andromeda Galaxy
(C) NASA
Andromeda Galaxy Andromeda Galaxy
Andromeda Galaxy
(C) NASA
Andromeda Galaxy
(C) NASA
Andromeda Galaxy Andromeda Galaxy
Andromeda Galaxy
(C) NASA
Andromeda Galaxy
(C) NASA

Andromeda Galaxy
Andromeda Galaxy
(C) NASA

Andromeda GalaxyAndromeda Galaxy
(C) NASA
Up
Up

NGC 224 (Andromeda Galaxy, M31) : Movie

NASA | Take a "Swift" Tour of the Andromeda Galaxy

ScienceCasts: Andromeda vs. the Milky Way: Astronomers Predict a Titanic Collision
Astronomers no longer have any doubt: Our Milky Way Galaxy will have a head-on collision with Andromeda.
Fortunately, they say, Earth will survive when the two great star systems meet 4 billions years from now.

球状星団G1
アンドロメダの近傍には銀河の他にも多数の星団も観測され、その中で最大のものはアンドロメダ銀河の周囲を巡っている球状星団G1である。
Mayall IIの名称でも知られるG1は、アンドロメダ銀河の中心から13万光年の距離にあり、宇宙の始まりから比較的早い時期に誕生した古い星々が数十万個以上集まって構成されていると考えられている。
局部銀河群の中ではおそらく最も明るい球状星団であり、地球から観測した見かけの等級は13等級。
絶対等級としては天の川銀河で最も明るいオメガ星団(NGC 5139、視等級3.7)よりも明るい。

2002年のハッブル宇宙望遠鏡の観測では、太陽の約2万倍の質量を持つブラックホールがG1とM15の中心に存在している可能性が示唆された。
球状星団G1の画像球状星団G1の画像2
(C) NASA
Up
Home > Messier > Andromeda Galaxy
Up

「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用。
アンドロメダ銀河. (2011, May 26). In Wikipedia.
gingadan.com ブログパーツ